連携認定医 基礎セミナーのお知らせ

第 26 回日本腹膜透析医学会学術集会・総会のプログラム にて
【 腹膜透析 基礎セミナー】を行い ます。

直接参加、 WEB 参加のハイブリッドにて開催いたしますので、 参加者は申込用紙にて
どちらかをご記入ください。またご参加にあたり、 事前の学会参加登録が必要となります。

学術集会・総会ホームページより事前登録を済ませたうえ、申込用紙にてお申し込みください。なお、セミナー参加では事前にテキスト送付 するため 、期限を設けさせて頂きます。

受付期限 2020 年 9 月 11 日(金) まで
期限を過ぎますとお手元に届かない場合がございますので、 ご注意ください。


講習会 日時: 2020 年 9 月 20 日 日 8:30~12:00
                    京王プラザホテル( 東京 新宿)第8会場 4 階 花 D
受付時間:     8 時 00 分~

申込用紙はこちら(PDF ファイル)
申込用紙はこちら(Word ファイル)

日本腹膜透析医学会認定医・連携認定医申請 のご案内

認定医・連携認定医制度は第 26 回日本腹膜透析医学会学術集会の理事会、評議員会、総会にて承認されました 。
つきましては 日本腹膜透析医学会認定医、連携認定医の申請を お願いいたします。
詳細は 「日本腹膜透析医学会認定医・連携認定医 規則 」 をご参照ください。

認定医について

I.認定医申請資格
1.認定医は次の各項の資格をすべて満たす者であること
1)日本国の医師免許証を有し,医師としての人格および識見を備えていること
2)基本領域専門医資格は問わないが,臨床経験5年以上を有していること

2.一般社団法人日本透析医学会(以下「透析医学会」の専門医を有する場合
1)申請時において,本学会の正会員であること
2)申請時において,本学会学術集会・総会に過去3回以上参加していること
3)腹膜透析に関する発表を過去5年間で1件以上,もしくは論文(基礎的・臨床的研究あ
るいは症例報告でも可)1編以上の業績があること(いずれも筆頭者でなくても可)

3.透析医学会学会員で専門医を有さない場合,もしくは連携認定医 の場合
1)申請時において,本学会の正会員歴3年以上であること
2)申請時において,本学会学術集会・総会に過去3回以上参加していること
3)申請時において,透析医学会の専門医を取得する,もしくは連携認定医として3年以上の実績があること
4)腹膜透析に関する発表を過去5年間で1件以上,も しくは論文(基礎的・臨床的研究あるいは症例報告でも可)1編以上の業績があること(いずれも筆頭者でなくても可)

II.認定医申請方法
以下の書類 を 日本腹膜透析医学会事務局 にお送りください
1.認定医認定申請書類 (別紙ご参照ください)
2.本学会学術集会・総会の過去3回以上の参加を証明するもの
3.過去5年間の業績(腹膜透析に関連した1件以上の発表もしくは論文1編以上)を証明するもの

尚、移行措置として 「 発足後3年間は,過去の本学会学術集会・総会の参加は可能な限り証明する 」 ことと考えております。 お手数をおかけしますが、別紙の 申請書類にご記入 いただきまして下記にお送りください。

認定医・認定申請書はこちらから

申請期間 2020 年 11 月 30 日 まで
申請書類 提出先 【郵送】 NPO法人 日本腹膜透析医学会 事務局
〒 770-0011 徳島市北佐古一番町 川島会 川島病院内
TEL 088-631-1755 FAX 050-3730-3065
【メール】 office@jspd.jp
申請手数料:10,000 円

申請書類を事務局にお送りいただきましたら、理事会、委員会を経て、 振込用紙を「 認定証送付先」にお送りいたします ので、お振込みください。 事務局で手数料の振込を確認しましたら、申請手続きが完了となります。
認定証発送:2021 年 3 月末、申請書にご記入いただいた「 認定証送付先 」にご通知し ます。
2021 年 4 月 1 日から 認定 期間 5 年間)の認定証をお送りする予定です。

認定医についてはこちらをご覧ください

NPO法人日本腹膜透析医学会認定医・連携認定医制度規則

連携認定医について

I.連携認定医申請資格
連携認定医は次の各項の資格を満たす者であること
1.日本国の医師免許証を有し,医師としての人格および識見を備えていること
2.基本領域専門資格は問わないが,臨床経験5年以上を有していること
3.申請時において,本学会の正会員であること
4.本学会学術集会・総会における腹膜透析基礎セミナーまたは腹膜透析認定指導看護師認定講習会を受講していること

II.連携認定医の申請方法
以下の書類を日本腹膜透析医学会事務局にお送りください
1.連携認定医認定申請書(別紙をご参照ください)
2.本学会学術集会・総会における腹膜透析基礎セミナーまたは腹膜透析認定指導看護師認定講習会の受講を証明するもの

連携認定医・認定申請書はこちらから

申請期間 2020 年 11 月 30 日 まで
申請書類 提出先 【郵送】 NPO法人 日本腹膜透析医学会 事務局
〒 770-0011 徳島市北佐古一番町 川島会 川島病院内
TEL 088-631-1755 FAX 050-3730-3065
【メール】 office@jspd.jp
申請手数料:10,000 円

申請書類を事務局にお送りいただきましたら、理事会、委員会を経て、 振込用紙を「 認定証送付先」にお送りいたします ので、お振込みください。 事務局で手数料の振込を確認しましたら、申請手続きが完了となります。
認定証発送:2021 年 3 月末、申請書にご記入いただいた「 認定証送付先 」にご通知し ます。
2021 年 4 月 1 日から 認定 期間 5 年間)の認定証をお送りする予定です。

連携認定医についてはこちらをご覧ください

NPO法人日本腹膜透析医学会認定医・連携認定医制度規則