PD患者におけるCOVID-19に関するガイドライン(ISPD)

第6回「山上の光賞」候補者募集期間延長のご案内

各位

健康・医療分野で活躍する80歳以上・35歳以下の方々を顕彰する
第6回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」候補者募集期間延長のご案内」

先般、第6回「山上の光賞」候補者募集についてのご案内をお知らせいたしましたが、
現況、コロナウイルス感染拡大抑制のため、多くの方がテレワークなどでの勤務を余儀なくされております。
当初応募締め切りを4月6日(月)としておりましたが、このような状況を鑑み、応募期間を延長することといたしました。

新たな応募の締め切りは4月13日(月)事務局必着とさせていただきます。
何卒、貴会会員の皆様にご周知頂き、候補者をご推薦頂けましたら幸いです。

▽山上の光賞の詳細、候補者推薦用紙は以下のサイトよりダウンロードできます▽
http://www.sanjo-no-hikari-sho.com/

候補者の推薦は、電子メール(アドレス:info@sanjo-no-hikari-sho.com)、
ファックス(03-4243-2031)、または郵便(事務局宛)で受付けます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

「山上の光賞」事務局
Tel:03-5404-3813
Fax:03-4243-2031

評議員 各位

下記のとおり「山上の光賞」事務局より、
第6回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」の候補者推薦依頼がございましたので周知いたします。
下記「山上の光賞」の推薦用紙にご記載頂き、日本腹膜透析医学会事務局宛にお送りくださいますようお願いいたします。
推薦につきましては学会事務局で取り纏めます。

推薦状送付先:
〒770-0011 徳島市北佐古一番町1-39
社会医療法人川島会 川島病院内
NPO法人
日本腹膜透析医学会事務局 <office@jspd.jp>
******************************
健康・医療分野で活躍する80歳以上・35歳以下の方々を顕彰する
第6回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」候補者募集のご案内

2015年に創設いたしました「山上の光賞」の第6回目の候補者募集を開始いたしました。
この賞は広範な健康・医療分野において、80歳以上の方々および35歳以下方々を顕彰するものです。
第1回目から第5回目に亘り、多数の候補者推薦を賜り、素晴らしい方々が受賞されました。
このプログラムは当初75歳以上の方々を対象としていましたが、昨今非常に多くの方々が現役で活躍し続けておられることから、第5回より80歳以上の方々を対象とすることになり、そして今回からは35歳以下の若い世代の方々も対象とすることとなりました。

何卒、貴会会員の皆様にご周知頂き、候補者をご推薦頂けましたら幸いです。

▽山上の光賞の詳細、候補者推薦用紙は以下のサイトよりダウンロードできます▽

http://www.sanjo-no-hikari-sho.com/

なお、締め切りは、4月6日(月)必着となります。
候補者の推薦はE-mail、FAX、または郵便で受付けます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

「山上の光賞」事務局
Tel::03-5404-3813
Fax:03-4243-2031
******************************

ISPD情報につきまして

【ISPD-EuroPD 2020】
ISPD-EuroPD 2020 は、Glasgow (UK) で 2nd – 5th Mayに開催です。
Early Bird Deadline 31st January 2020 までです。ぜひご参加ください。
https://ispd-europd2020.com/
【ISPD アジア太平洋部会(APCM-ISPD) 2021】
今回名古屋で開催されました、ISPD アジア太平洋部会(APCM-ISPD)は、2021年は、インドネシアでの開催になります。
21-23 October 2021 (pre-conferenceは 20 Oct.)
場所は、Bali Nusa Dua Convention Center (BNDCC)となっています。
【Renew your membership (become a new member)】
ISPD memberの更新時期です。ISPD未入会の方で可能な方は、入会ください。
https://ispd.org/member-categories-join/
2020年2月にcouncil electionがあります。
日本から伊藤恭彦先生が立候補されています。
ぜひ投票をお願いいたします。
【ISPD Research grant】
上記、案内されています。ぜひご応募ください。
Submit your proposal for the Call for Research Proposals 2019-20
Do you have a research idea that you would like to get endorsed (and even funded) by the ISPD? The ISPD welcomes research proposals that are relevant to the international peritoneal dialysis community.
Eligibility Criteria
Members and non-members of the ISPD may submit proposals.
The study should require international collaboration to be eligible for this open call.
Funding
Small grants (up to $10,000 USD) may be awarded at the discretion of the ISPD Council to help enable these projects.
Deadline: January 15th 2020
Those wishing to approach the committee with a research proposal are encouraged to discuss this informally first with the chair, Thaygo Proenca, by emailing:admin@ispd.org.
Full applications should also be submitted to the same email address: admin@ispd.org.
The committee aims to endorse at least one project per year, depending on quality of received proposals.
Downloadable file on how to submit your study proposal for ISPD support.
https://ispd.org/research-grants/

PDOPPS調査事業利益相反開示につきまして

PDOPPSの研究調査は、以下の企業からの寄付により行っております。

  ・アステラス製薬株式会社
  ・協和発酵キリン株式会社
  ・株式会社ジェイ・エム・エス
  ・第一三共株式会社
  ・中外製薬株式会社
  ・テルモ株式会社
  ・鳥居薬品株式会社
  ・日機装株式会社
  ・バイエル薬品株式会社
  ・バクスター株式会社
    (アイウエオ順)

令和2年度 医師、看護師CAPD教育研修医療機関の公募要領

(第12期教育研修期間令和2年9月1日~令和5年8月31日)

CAPD医師,看護師の教育研修医療機関を公募いたします。
応募される医療機関は別紙の「応募申込書」に記載し、お送りください。
令和2 年度より以下の点が変更となります。
・研修対象が看護師(CAPD 認定指導看護師)と医師(連携認定医)になること
・CAPD 教育研修医療機関認定期間が3 年となること

尚,継続を希望される施設も「応募申込書」を提出してください。
また、応募条件は下記の条件を満たす医療機関といたします。

1) 申請時において,本学会の施設会員であること.
2) 透析医学会認定施設もしくは入院病床を有する透析医学会教育関連施設であること
3) 原則として維持腹膜透析患者を30 名以上常に管理しており,導入例数が平均月1例以上あること
4) 1名以上の本学会のCAPD 認定指導看護師が常勤していること
5) 病院管理者が他の医療機関の教育研修希望者を受け入れる意思があること
6) 地域の医療機関へ腹膜透析の啓発活動をすすめる意思があること
7) 受講者に研修内容を達成させる教育体制が構築できること
8) 既に他の寄附講座などによる教育研修事業を行っていないこと
9) 提供される研修内容が大学における「通常の教育・研修の一環」でないこと
10) 年1回研修成果報告書を提出できること

設立予定研修施設数:20施設程度
公募開始日 令和2年 7  月  30 日
公募締切日 令和2年 8 月   20 日

尚、教育研修医療機関は 地域性なども考慮に入れ教育研修施設認定委員会において決定し、
お知らせいたします。(決定までは正式な公認の研修はできませ ん)

教育研修施設審査委員会
委員長:友 雅司
委 員:伊丹 儀友、政金 生人、武本 佳昭、酒井 謙、土谷 健、水口 潤

【 応募書類送付先 】

NPO法人日本腹膜透析医学会事務局
〒770-0011 徳島市北佐古一番町1-39 社会医療法人 川島会 川島病院内
TEL:088-631-1755 FAX:050-3730-3065
E-mail:office@jspd.jp

公募要領及び申込書ダウンロード(PDFファイル)
公募要領及び申込書ダウンロード(Wordファイル)

Official journalのお知らせ

「Renal Replacement Therapy誌」が当学会のOfficial journalとなりました。
http://rrtjournal.biomedcentral.com
今後「Renal Replacement Therapy誌」への投稿を宜しくお願い致します。

第5回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」候補推薦について

評議員 各位

下記のとおり「山上の光賞」事務局より、第5回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」の候補者推薦依頼がございましたので周知いたします。

下記「山上の光賞」の推薦用紙にご記載頂き、日本腹膜透析医学会事務局宛にお送りくださいますようお願いいたします。推薦につきましては学会事務局で取り纏めます。

推薦状送付先:
〒770-0011 徳島市北佐古一番町1-39
社会医療法人川島会 川島病院内
NPO法人 日本腹膜透析医学会事務局 <office@jspd.jp>
******************************
第5回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」候補者募集のご案内

2015年に創設いたしました「山上の光賞」の第5回目の候補者募集を開始いたしました。この賞は広範な健康・医療分野において、80歳(2018年12月31日現在)以上でその豊富な経験、知性、知識、情熱をもって、現役で活躍を続けておられる方々を表彰します。

第1回目から第4回目に亘り、いずれも多数の候補者推薦を賜り、素晴らしい方々が表彰されました。このプログラムは当初75歳以上の方々を対象としていましたが、 昨今非常に多くの方々が現役で活躍し続けておられることから、今回より80歳以上の方々を対象とすることになりました。

何卒、貴会会員の皆様にご周知頂き、候補者をご推薦頂けましたら幸いです。

▽山上の光賞の詳細、候補者推薦用紙は以下のサイトよりダウンロードできます▽
http://www.sanjo-no-hikari-sho.com/

なお、締め切りは、3月15日(金)必着となります。
候補者の推薦はE-mail、FAX、または郵便で受付けます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

「山上の光賞」事務局
Tel::03-5404-3813
Fax:03-4243-2031
******************************

CAPD認定指導看護師認定講習会 開催について

CAPD認定指導看護師認定講習会
今回は日程及び時間が例年と異なります。

講習会は年2回開催されます。
研修修了後4回目の講習までにご受講ください。
なお、今年は新型ウイルスの影響のためこの限りではありません。
来年以降をご希望の方は、改めましてお申込ください。

今回は、新型ウイルス拡大の影響により第26回日本腹膜透析医学会学術集会・総会のプログラムである【CAPD基礎セミナー】の講義を講習といたします。直接参加、WEB参加のハイブリッドにて開催いたしますので、参加者は申込用紙にてどちらかをご記入ください。

またご参加にあたり、事前の学会参加登録が必要となります。学術集会・総会ホームページより事前登録を済ませたうえ、申込用紙にてお申し込みください。
お申し込みはテキスト送付のため、期限を設けさせて頂きます。

受付期限 2020年9月11日(金)まで

期限を過ぎますとお手元に届かない場合がございますので、ご注意ください。

講習会日時:2020年9月20日(日) 8:30~12:00
京王プラザホテル(東京:新宿)第8会場 4階 花D
・講習会受講対象者は2020年8月末までの研修修了者

受付時間:8時00分~ 認定書は後日送付

申し込み用紙はこちら(PDFファイル)
申し込み用紙はこちら(Wordファイル)
      CAPD認定指導看護師認定の流れはこちらをご覧ください

日本腹膜透析医学会会誌編集委員会

会誌の編集方針、配布・経費等を審議するため、日本腹膜透析医学会会誌編集委員会が発足し、内規を定めた。
■日本腹膜透析医学会会誌編集委員会

委員長 川西 秀樹 (医)あかね会 土谷総合病院
委員      伊丹 儀友 (医)友秀会 伊丹腎クリニック
委員  土田 健司 (社医)川島会 川島病院
委員  友 雅司  大分大学医学部 血液浄化センター
委員  中元 秀友   埼玉医科大学総合診療内科 腎臓内科
委員  山下 明泰   法政大学生命科学部環境応用化学科
内規はこちらをご覧ください。

定款を変更しました

1.第1条の名称
特定非営利活動法人日本腹膜透析研究会を特定非営利活動法人日本腹膜透析医学会に変更する。

2.第6条に2項 施設会員の代表者は正会員とみなす。を追加する。

3.第2条の事務所
この法人は事務所を徳島県徳島市北佐古一番町1番39号社会医療法人 川島会 川島病院内に置く。と、変更しました。

腹膜病理標本の件

腹膜病理診断をご希望の施設は下記までご連絡ください。
本田 一穂
東京女子医科大学第2病理教室
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
Tel:03-3353-8111(ext.22342)
Fax:03-5269-7473
e-mail:honda@research.twmu.ac.jp